【ワインブログ】ワイン生活を始めたら食生活が改善してきた話

【ワインブログ】ワイン生活を始めたら食生活が改善してきた話

こんにちは。

 

 

前回の記事で貧乏性すぎてなんか色々人生が惨めになってきている話をしましたが・・・

 

 

8月末から素敵なワイン生活をスタートさせることに成功しました 笑

 

 

会社のお姉さんがなんとソムリエ資格を持っていて、この計画を話したところ、神かよ・・・!! というくらい詳しい説明をくださり。ありがたや〜 ありがたや〜

 
 
 
 
 
まずは私でも知っていたカベルネソーヴィニヨン (cabernet sauvignon)から始めることに
 
 
 
 
彼女からなんともありがたいことに頂いた説明文が以下:
 
 
*****************

①     カベルネソーヴィニヨン

できればフランスボルドーを。

タンニンが多いので、歯がキシキシする感じです。

アメリカ、カリフォルニアのカベルネでもいいかも。少し果実味が強くなります。

1000円程度のチリのカベルネはより果実味が強くなったり、べチャッとした感じがあります。

そうそう、ボルドーは混醸と言って、ブドウを数種類混ぜて作っていることが多いです。

比率がエチケット(ラベル)に書かれてるので、それを参考にしてみてください。

*****************
 
 
 
 
ああ・・・こういうの、大好き・・・!!
 
 
ということで買ってきました。(安定の成城の石井様)
 
 
 
 
フランスボルドー産のcabernet sauvignon。
 
 
 
 
まずは成城神様のトマトとチーズのおかずを購入し、マヨルカ島のオリーブオイルと一緒にに^^
 
 
 
 
次の日はカツオのたたきと納豆、サラダと一緒に飲んでみました。
 
 
 
 
 
は、、歯がキシキシする感じ・・なんとなくわかりました。。
 
 
が、これはオーストラリアにいた頃もよく飲んでいたので、果実味がちょうどよく、さらっと飲めるデイリーワインにぴったり!・・・・というなんというペラッペラな感想!!^^  
 
 
 
 
さて、それぞれのお酒に合うご飯のジャンルってあると思いますが、普段はお店で適当に頼んでいるところ・・・
 
 
 
 
家でワインを飲む時は食べ物にもこだわらないといけないということを初めて自分で実感しました・・!
 
 
(店だと適当にチーズとハムの盛り合わせとオリーブオイルを使った何かを適当に頼んでいるにわか野郎はここです)
 
 
 

チーズとハム以外での、自分のチョイスしたワインに合うちゃんとした食事を用意しないといけないんですよねえ〜

 

 

いつもは本当に適当ものばっか食べていたので、こんなに自分でしっかりと用意して、お酒と食事を楽しめたのは久々で、いや〜 楽しかった!!!

 
 
美味しいご飯、美味しいお酒、これほど幸せなものはないわ!!
 
 
 
 
ちなみにお姉さまからのワインに合う食事のアドバイスは以下:
 
 
*****************

おいしいワインを飲む日は、ぜひ、冷凍食品以外を合わせてくださいね。

冷凍食品は香りも味も強いので、ワインが負けてしまいます。

(安旨ワインはぴったりです!)

トマト煮(酸味)、ナッツ(樽のニュアンス)、ペッパー(シラー)、キノコ(ピノ)などは

ワインの香りや味と近いので合わせやすいです。

料理ができない環境なら、お惣菜売り場でラタトゥイユを買うとか、パックサラダに

クルミ(100均にあり)、トマト、マッシュルームなどなどを乗せて、オリーブオイルとレモン汁をかけるとか。

そうそう、フィグ、ドライフルーツ、チーズとかが入ってるパンを買うのも手です。

これだけでワインのおつまみになって、気づくとパンもワインもなくなります。

*****************

 

私、トマトとマッシュルームの組み合わせ 大好きなので、次にシラーズ(shiraz) と飲む時はペッパー強めで作ろうかしら・・

 

なんとなくお店でワインを頼む時は、

 

赤の辛口ワインってどれですか

 

とだけ聞いていたので、

 

今後は品種でも見極められるようになるともっと酒が楽しくなるなこりゃ・・ふふふふ。

 

 

それでは!