【社会人留学】ジャパレスで働いて英語力は伸びるのか?

【社会人留学】ジャパレスで働いて英語力は伸びるのか?
みなさんこんにちは!
 
 
ネットを見ていると留学先で英語力を伸ばす方法としてジャパニーズレストラン、略してジャパレスは余り望ましくないという記事を見たことがあります、何度か。私の場合も最初はそんな印象があったので、大金をつぎ込んだオーストラリア留学時代は、せっかくなら日本語環境はなるだけ避けて現地人と働ける環境を探していました。
 
が、
 
 
正直めちゃめちゃ倍率が高かった・・・!!!というのが正直な感想。
 
 
 
というのも、例えばオーストラリアのレストランならまずオーストラリア人やネイティブレベルで英語を話す人材を採用します。まあ当たり前といえば当たり前の話ですが・・。
 
 
 
それで結局知り合いに紹介してもらった日本料理レストランでバイトをすることにしました。とにかくお金がなさすぎたので、稼ぐために必死だったというのもあります。さてさて、そんなジャパレス経験が英語力にどう影響したかという本題に移りたいと思います。
 

ジャパレスで英語力は伸びるのか

 
1年ほどバイト続けた結果・・・
 
ジャパレスでも全然英語力は伸びます!!!だいぶ伸びます!!(もちろん自分の工夫次第
 
というわけでジャパレスで働いて良かったと思ったことを以下にまとめてみました〜
(1でのみ英語力について触れています笑)
 
 
 
  • リスニング力・発音の向上に繋がった

 
私の場合、バイト仲間は全員日本人でした。
 
ですが、お客さんはほぼ全て現地人だったので、もちろん日本語も話しますが、お客さんと話してる時間の方が断然長かったです。バイト先で一番良かったなと思うのは、自分の英語力の無さにくっそ〜〜〜〜!!!!っと思えることだったと思います。
 
ちょっとしたsmall talkと注文を聞く、だけなんですけど、お客さんによってはクセのある英語を話す方や容赦無く早く話す方もいましたし、とにかく鍛えられます。英語のシャワーを浴びるということもありますが、自分のモチベーション向上にも繋がりました。
 
 
週3-4でバイトには入っていましたが、通勤時間がなんと1時間半くらいあったので、その時間はみっちりリスニングとディクテーションをブツブツと。。脳を英語モードに変えてから、バイト先で本番!というような感じで自分の実力を試していましたよ^^
 
 
毎日現地人の英語を直で聴くことが出来るので、ブツブツその発音の真似をしたりして発音の向上にもつながったと思います。ワーホリで来ていたモノマネ好きの男の子はお客さんの真似をよくしていて(もちろん裏で)すごい発音上達してて面白かったです。
 
 
  • 現地での素敵な出会いに繋がる

 
 
もしかしたら素敵なお客さんと素敵な出会いが・・あるかもしれませんが、今回はそういう話ではなく私の場合は素敵な日本人の方達といっぱい出会うことができました。
 
 
脱サラしてワーホリで来ている方や、プロのスポーツ選手を目指して現地のチームに所属をしている人、現地の大学に通っている学生さん等、本当にいろんな人がいます!とにかくメンバーが濃かった・・
 
 
 
辛いことも多かった留学生活ですが、彼らと働いている時間はそんなことも忘れられるくらい楽しい時間だったと思います。 いや・・慣れるまでは結構辛かったなやっぱり。笑 同じ日本人だからこそ共感出来ることって、海外出てからわかるので、とても支えてもらいました。
 
 
 
特に彼氏がスウェーデンに帰った時は引越しとかインターン開始とか全てが重なって、本当に辛い時期だったので、バイトメンバー無しでは生活出来ず。みんなありがとう・・。
 
 
 
  • (オーストラリアの場合)とにかく稼げる

 
 
 
これはちょっと国によりますね。
 
 
 
オーストラリアだと時給が2000円超えることも当たり前なので、週3-4働くだけで全然生活出来ちゃいます。
すごいなあと思うのですが、それだけで生活している人もいっぱいいました。スウェーデンでもそうですが、アパレルの店員さんとかでも、日本の大卒初任給くらいもらえちゃうから、別に大企業でオフィスでバリバリ仕事して!というようなプレッシャーがないんですよね。(私はオフィスワーク好きなのであれですけど。)
 
 
留学先をどこにしようか考えている方は、アジア系レストランが多くて採用もされやすい、ある程度の生活費もささっと稼げてしまうオーストラリアは如何でしょうか?
 
 
例えば絶対に外国人環境で!と考えている方も、最初はジャパレスから始めるというのもありだと思います。
日本料理店は本当にどこにでもあるので、日本人なら採用もされやすいです。バイトメンバーが日本人だけではないところもありますしね^^
 
 
それではまた!