【旅ブログ】スウェーデンでうまいたらこペーストを食べる -カレス・キャビア-

【旅ブログ】スウェーデンでうまいたらこペーストを食べる -カレス・キャビア-

*2019年10月5日更新

 

みなさんこんにちは!

現在スウェーデン人の彼氏を訪ねて、ストックホルムの彼の実家に来ています。今日は朝から彼のお母さんに朝食をごちそうしてもらっているのですが、なんとこんな物が。

 

KALLES ORIGINAL!!!!! 300g!!!! 

カレス・キャビア(Kalles kaviar)は、スウェーデンアバ・シーフード英語版という会社が発売しているペースト商品。

スウェーデンのスーパーではよく目にすることのできる、リーズナブルなチューブ式のペーストで、パンなどに塗られる国民的な食品。中身はキャビアではなく、タラコを使ったクリーミーな塩味のペースト状のスプレッドである。(Wikipediaより引用)

 

「キャビア」と教えてもらったので、あのキャビアの安い版なのかなと思ったのですが、味がたらこでした! たらこマヨ!!

 

日本の物より若干癖があるように感じました。後味が苦い・・いや、でもめちゃめちゃ美味しい。

 

現地の人は卵やパンと一緒に食べるみたいです。パスタと和えたら絶対美味しいと思うのですが、それは無理やと言われました。笑

 

北欧諸国でゲットできるそうですが、お土産に良いかもしれないですね!

 

ちなみに日本でも最近チューブブームがきているようですが、スウェーデンでは色んな種類のチューブがいっぱいあるので、ぜひ北欧旅行の際にはチェックしてみてくださいね!^^