【旅ブログ】北京空港乗り継ぎ 所要時間と注意点まとめ 

【旅ブログ】北京空港乗り継ぎ 所要時間と注意点まとめ 

*2019年10月5日更新

こんにちは。

今回のスウェーデン旅行の期間は16日間。いつも通りのノープランですが、彼や彼の家族のおかげで、4日目にしてスカンセンやガムラスタン、ヴァーサミュージアムなど色々な観光地に連れて行ってきました。

その記事はあとでまた投稿するとして・・

今回の旅行で不安だったのが、北京空港乗り継ぎでした。セントレア- 北京-ストックホルムだったのですが、北京での乗り継ぎ時間が2時間くらい。いつもは3時間以上あるので、(ちなみに帰りは7時間もある・・)余裕なのですが今回はまあ焦りました。

 

焦りすぎていてあまり写真も撮れなかったのですが、今後の自分の為にも簡単に下にまとめておきます。(簡単に・・・)

北京空港到着後

国際線乗り継ぎ場に向かう

まず、北京に到着後、長い通路を永遠に歩きます。多分5分くらい、結構の距離です。
(写真がなぜかsnow)

とにかく”International Transfer”の文字を探して突き進みましょう!

国際線カウンター

国際線乗り換えへのカウンターは自動ゲートになっています。(2019年10月5日)

パスポートをかざすだけで通過可能なので、ここは余裕でクリアできます。

保安検査

自動ゲートを通過して、目の前の階段を降りて行きましょう。ここ、オンシーズンだとものすごい列になっています。回転も速くなくて列もぐちゃぐちゃになってる時もあるので、オンシーズンの場合は2-3時間は余裕あったほうが安心です。
この時点で1時間以上余裕があったので、私は大丈夫でしたが、30分もない人達もたくさんいました笑
そういった場合は、とにかく係員に訴えましょう!英語が苦手な方でも、フライトチケットを見せるだけで大丈夫です。

ここまでこれば安心!

荷物の検査が終了後、

ここまで出てきたら大丈夫です!!!以上!!!

 

注意点はとにかくWIFI

私はエアチャイナ使うことが多いので、中国だと北京空港くらいしか知らないのですが、こんなにwifiがひどい空港あるのでしょうか?という感じ。wifi codeは上の写真の噴水近くの受付サービスのお姉さんに聞けば大丈夫です。

が、中国はGoogle/Facebook/Instagram/Youtube等が使えないので、7時間くらい乗り換え時間がある場合は外に出て暇潰したほうが良いのではないかと思うほど、空港内だと暇です。

私はいつもKindleかブログ書いたり、そんな感じで時間潰しています。