【社会人留学】幸せに生きるための留学 ーアラサー女のオーストラリア留学ー

【社会人留学】幸せに生きるための留学 ーアラサー女のオーストラリア留学ー

こんにちは。

 

脱サラしてオーストラリアの大学院に通い、今は現地企業でインターンシップをしています。

 

自分でも意識が高いのか低いのかわからない人生を送っていますが、今の目標は幸せに生きることです。なぜならストレスが嫌いだからでストレスによる胃痛が嫌いでハッピーに働きたいからです。

 

元勤めていた会社は歴史のある典型的な日本企業でした。(製造業 3千人規模くらい結構大きい)男性95%越えの絵に描いた様な男性社会で、それまではGender問題について興味は持っていましたが深く考えた事はなかった私が、これは問題だとはっきり感じたことを覚えています。

 

男性と同じ様に新卒一括採用されましたが、グループの女性の先輩に配属当日に言われた一言が「男性には男性の仕事、女性には女性にしかできない仕事があるから、男性に何か頼まれてもちゃんと対応してあげて」でした。

 

つまり、男性から頼まれる雑用は全てやれ、ということです。

 

その日に辞めようと思いましたね。笑

 

なんとか3年半年働きましたが、セクハラ発言や女性蔑視は当たり前の世界でした。女性は影で不満をいうだけで行動に移す事はしませんでしたし(私含め)、それで楽に仕事出来ればいいや、と思っている人も多かった様に感じます。私も諦めてしまっていたんだと思います。圧倒的な男女比だったので当時の私は声を出す勇気がなかった・・

 

こっちで社会人留学をしていると東京で働いていた社会人の方によく出会いますが、私の元職場の話しをすると驚く方が多いです。やっぱり東京は違うのか・・?地方の製造業は全く変わっていません。もちろん会社によると思いますが。大学で西洋諸国の製造業のジェンダー問題について学びましたが、女性の社会進出に伴って女性の労働力が増えていく中で、その雇用とその活躍推進は最も重要視されていることの一つです。

 

また今度このトピックについても詳しく書いてみたいと思います。

 

会社をやめてこっちに来てからは、Human Resource Managementをこっちの大学院で学んで、現地の国際教育関係の企業でインターンシップをしています。将来は女性のキャリア支援に関わりたいなあと思っています。

そんなところで今後は留学について、教育について、ジェンダーについて、恋愛について、自己肯定感について、女性のキャリアについて、思ったところを書いていけたらと思います。

よろしくお願いします^^